リクルートスーツのインナー

リクルートスーツというと最近は黒が主流で、グレーや濃紺を時々見かけるかなという感じですね。
色が同じだと、どの女性も同じようなリクルートスーツを着ているように見えますよね。
しかし、メーカーによっても襟のデザインが違うし、ジャケット丈、ボタンの数、スカート丈、スリット位置、スリットの長さ
など細かい点で微妙に違っています。

さて、本題に入ります。 リクルートスーツのジャケットやスカートにも色々あるわけですが、その下に着るブラウスも
実に多くのバリエーションがあります。特にリクルートスーツを着ざるを得ない女子大生は「リクルートスーツ」という
没個性的なファッションの枠内で可能な限り「個性」を表現しているのです。
例えば、襟のデザインがその一つ。大きな襟や、2枚羽タイプなど意外と種類があり、襟をジャケットの中に入れてる
人や、出している人・・・人それぞれのようです。
さらには、最近はあまり見かけなくなりましたが、リボンブラウス・・・。
色はやはり白無地の開襟ブラウスが主流であり、私はそれが一番のお気に入りでもあります。
またブラウスのボタンも実に様々な種類があり、「比翼仕立て」と「比翼仕立てではない」ものに大別できます。
前ボタンが隠れているタイプを比翼仕立てといいます。個人的には「比翼仕立てではない」ものの方が好きです。
ジャケットを着ていたら見分けはつきませんがジャケットを脱いだ時にボタンが見えていてほしい・・・・という理由で
あり、そこに拘りのない人間にとっては些末なことにすぎないでしょう。好みの問題ですね。(笑)