フェチの定義

辞典によるとフェチとは 「フェティシスト」の略形であり、「何らかの物に異常な執着・偏愛を示す人」とあります。
例えば「制服フェチ」と言ったら、制服そのもの、もしくは制服を着用した女性の姿そのものに異常な執着を持つということ
です。ですから、フェチと一口に言ってもその言葉の外延は曖昧且つ広域であり、必ずしも性的なものに結びつくという
わけではありません。例えば、私のある女友達に「ぬいぐるみ」が大好きで寝るときもぬいぐるみと一緒、起きていても
ぬいぐるみを肩身はなさず持っており携帯のストラップにまでぬいぐるみを付けてるといった按配の女性がいます。
そんな彼女を形容する場合にも「フェチ」という単語を用いて 「ぬいぐるみフェチ」ということもできるのです。

そうはいうものの、「フェチ」というと、やはり性的な執着心に対して用いる場合が多いようです。「制服フェチ」「足フェチ」
「水着フェチ」「濡れフェチ」「スカートフェチ」「おしりフェチ」「縛りフェチ」「胸フェチ」など枚挙にいとまがありません。
この場合、フェチという言葉は「ある対象物」や「ある状態」そのものに異常な執着を持つというよりも衣装や小物などを
女性が身につけた姿や、ある状況下に置かれた女性が醸し出す雰囲気に惹かれるのです。

老若男女問わず、人間は少なからず人とは違った性癖・趣向・執着といったものを持っていると考えられます。
それこそ人の数だけフェチの種類があると言っても過言ではなく、私が知らないフェチの世界もたくさん存在している
はずです。フェチの世界については、当サイトのモデル経験もある黄金咲ちひろさんが総合フェチ案内所
「あなたの知らない世界」で色々紹介されているので、そちらに道を譲るとします。とにかく様々なフェチの世界が存在
するのですが、当サイトではWET(濡れフェチ)、MESSY(汚しフェチ)、RIP(破きフェチ)といった非日常的なシーンを
取り上げています。当サイトで特筆すべきことは、そのようなシーンをリクルートスーツやOL制服を着用した女性が実践
している事です。このスタンスは当サイトの開設以来一貫しております。
ホームページが私にとって自分のフェチ趣向の表現の場である以上、今後もこのスタンスは変わりません。